新緑の中、登山楽しむ 宇津峰山開き 家族連れにも人気


  • 画像
    青空の下、宇津峰山開きの登山を楽しむ参加者
  • 画像
    テープカットする横田区長たち

 須賀川市塩田、宇津峰山(標高677㍍)の山開きは昭和の日の29日に行われ、家族連れや愛好者が新緑の中の登山を楽しんだ。
 塩田区(雲水峰神社)、市、市観光物産振興協会の主催、小塩江体育振興会、市消防団第6分団の協賛。
 登山者は登山口清水駐車場と市民の森管理棟から登り、中腹のこかげ広場に本部のテントと山開き横断幕が設置され、先着200人に登山記念のオリジナル絵馬、パンフレットなどが配布された。
 横田守塩田区長、安藤喜真小塩江体育振興会長、深川正美消防団第6分団長らによるテープカットで登山を開始し、山頂で安全祈願祭神事を行い、今シーズンの無事を願った。
 登山者らは野鳥の声が響く新緑の自然を満喫しながら、自分のペースで山頂を目指した。
 宇津峰山は南北朝時代に南朝方の拠点がおかれ、北朝方との攻防が繰り返された場所で、国の史跡に指定されているほか、「うつくしま百名山」の一つに認定されている。片道約1時間の気軽に登れるコースのため、家族連れらにも人気の山で知られている。
 市民の森管理棟から登るコースと塩田登山口清水から登るコースがあり、ケガのないように注意し登山を楽しんでほしいと呼びかけている。