ながぬまさくらフォトコンテスト 最優秀賞は大平さん 阿武隈時報社賞は鈴木さん


  • 画像
    最優秀賞の大平さんの作品
  • 画像
    阿武隈時報社賞の鈴木さんの作品

 長沼観光物産振興協会のながぬまさくらフォトコンテスト審査会は26日、長沼保健センターで開かれ、最優秀賞は大平英広さん(白河市)の「護真寺のサクラ」、阿武隈時報社賞は鈴木浩二さん(須賀川市)の「永泉寺のシダレザクラ」が選ばれた。
 フォトコンは長沼地域の古舘、長楽寺、岩崎山史跡公園、護真寺、横田陣屋、兎内、長沼城址、永泉寺、藤沼湖の桜名所を対象に作品を募集し、今年度は市内外35人から86点が寄せられた。
 地元報道機関と同振興協会員が審査員を務め、桜の名所ごとに審査し各賞を決定した。
 最優秀賞は賞状と地域特産品詰め合わせ5000円相当、優秀賞は賞状と特産品3000円相当、特別賞(各新聞社賞)は賞状と楯を贈る。
 表彰式は今年も実施せず、各賞受賞者に賞状と副賞を郵送する。
 受賞者は次の通り。
 ▽最優秀賞=大平英広(白河市)
 ▽優秀賞=吉田正也(矢吹町)小林正義(石川町)穂積達樹(西郷村)熊田行男(鏡石町)矢部美保(須賀川市)鈴木浩二(同)村上利行(郡山市)児山昭一(会津若松市)
 ▽福島民報社賞=矢部幸一(須賀川市)
 ▽福島民友新聞社賞=熊田行雄(鏡石町)
 ▽マメタイムス社賞=鈴木浩二(須賀川市)
 ▽阿武隈時報社賞=鈴木浩二(同)

とっておき情報募集