大人だって特撮大好き! 7月28日に「おとなの特撮あそびラボ」


  • 画像

 CNCプランニングの「おとなの特撮あそびラボ」は28日午前10時半からと午後1時半から、岡東町地内のラフラフ須賀川で開かれ、すかがわ特撮塾の講師も務める特撮研究所の中山亨さんがおもちゃのリアルな塗装技術やミニチュア特撮写真の撮り方などを教える。
 文化としての特撮を継承するため、市では子どもたちを対象にした特撮塾を実施しているが、大人も特撮に挑戦したいという声を受け、様々なイベントを手掛ける同団体が民間として初めて企画した。
 講師の中山さんはスーパー戦隊シリーズに操演技師として多くの作品に携わるほか、シン・ウルトラマンでも操演を担うなど第一線で活躍しながら、特撮塾で指導にあたるなど後進育成に力を入れる。
 今回はアレンジする怪獣ソフビや恐竜おもちゃなどを参加者が持参し、それらを塗装でリアルに仕上げる。
 完成後、映画やテレビで実際に使用された本物のミニチュアを使用し、特撮映画のワンシーンのような写真撮影に挑戦する。
 対象は中学生以上で、参加費は中高生2500円、一般3000円。
 申し込みは予約フォーム(https://t.co/2kUaMrfRoQ)から受け付けており、先着順のため早めの申し込みを呼びかける。

とっておき情報募集