今もかがやきNo.5

関根孝子せきねたかこさん(70)

須賀川市小作田
  • 画像

着物リメイク手芸の魅力発信
 地域を元気にしたい

 昔の着物や帯などをリメイクしてタペストリーや置物、人形などを作り、手芸の魅力を発信している。
 高校卒業したあと専門学校で和裁を学び、司法書士事務所で働くなど、キャリアウーマンとして活躍。親の介護で仕事を辞め、和裁で得た知識を活かし10㌢のミニチュアモンペ約120個、はんてん約70個を並べたタペストリーや小さな着物にして掛け軸、西陣織の帯を使用した人形、干支「虎」、カボチャ、メジャーカバーなど数えきれないほどの置物を制作し、地元の文化祭などにも出品し話題を呼んでいる。
 また、小作田区の評議員を10年、民生委員4年、副区長は2年目と、区と住民のパイプ役として地域活性化にも取り組んでいる。
 「商店や住民と交流を図りながら地域を元気にしたい。微力であるが区の役に立ちたい」との意気込みと女性目線の優しさ伺える。
 手芸のほかの趣味は野菜作り。1年中、楽しみながら作って「はたけんぼ」に出荷するなど、時間を上手に使い生き生きと充実した日々を過ごしている。