4月29日に宇津峰山開き 記念品はこかげ広場で


  • 画像
    スケジュールなどを決めた打ち合わせ会

 須賀川市の宇津峰山開き打ち合わせ会は3日、塩田区、雲水峰神社宮司、氏子総代、消防団第6分団、小塩江体育振興会、須賀川市観光物産振興協会、小塩江コミュニティセンター職員らが出席し同センターで開き、29日の山開きについて協議した。
 山開きは塩田区、小塩江コミュニティセンター、市観光物産振興協会の主催。
 横田守区長を座長に、高坂信賢所長が「開催要項、スケージュールや役割分担について意見などを伺いたいと思います」とあいさつした。
 協議の結果、午前9時からこかげ広場でテープカット、先着200人に記念品「オリジナル絵馬」をプレゼントする。登山は順次開始し、山開き祭事は山頂で10時から行う。小塩江体育振興会が先着100人にスポーツ飲料水を配布する予定。
 一般駐車場は市民の森管理棟。雨天決行(荒天時は市民の森管理棟で実施)。
 宇津峰山は「うつくしま百名山」の一つに認定されている標高676㍍で片道1時間程度で気楽に登れるコースのため、人気の山として知られている。

とっておき情報募集