6月24日記念落語会 桂幸丸落語家生活50周年


  • 画像

 須賀川出身初の真打・桂幸丸落語家生活50周年記念落語会は、6月24日午後6時からグランシア須賀川で開かれる。お食事会のあと、7時から落語会を開演する。
 桂幸丸さん、昨年真打に昇進した同じく市出身で弟子の桂翔丸さん、女性講談師の神田紅純さん、ぼうず漫談の甘味けんじさんが出演を予定している。
 幸丸さんは昭和52年日大文理学部国文学科卒。大学2年時に桂米丸さんに入門し、昭和55年二つ目、平成2年に真打に昇進した。古典落語はもとより、福島弁を交えた郷土の偉人を題材にした新作落語も人気で、牡丹観光大使として牡丹園園遊会や地元落語会、寄席の客席を大爆笑に包んできた。
 翔丸さんは大学在学時から落語研究会に所属し、卒業後に演劇経験を経て、叔父でもある幸丸さんに弟子入りし、15年の修業期間を経て昨年、待望の真打昇進を果たした。
 チケット(6000円)の申し込み・問い合わせは翔丸さんの父の渡邊武さん(℡ 0248-65-2309 )まで。