ゴールデンウイーク見頃 大桑原つつじ園安全祈願祭


  • 画像
    今シーズンの安全を祈願する渡辺社長

 須賀川市の観光名勝、大桑原つつじ園の安全祈願祭は26日、同園内の八幡神社で行われ、白山比咩神社(袋田)の村上正浩宮司の神事で、渡辺久記取締役社長ら6人が玉ぐしをささげ、今シーズンの無事を祈願した。
 渡辺社長は「園内は歩きやすく整備しているため、ゆっくり散策してほしい」と話した。
 同園には樹齢300年を超える江戸錦(ツツジ)の古木もあり、ここ数日暖かい日が続いているため、現在はハルイチバン、キリシマツツジ、ヨドガワツツジ、ヤマツツジなどの早咲きは見頃、フジムスメ、ハナミズキ、西洋シャクナゲ、八重ザクラなどが咲き誇り、ゴールデンウイーク頃には、山全体が赤い花々に包まれると予想される。
 2万坪の敷地に約100種3500株のツツジ、シャクナゲ2500株、シャクヤク3000株、その他の花々合わせて1万株が次々と咲きだす。
 売店や食堂も出店し、苗木なども販売している。入園料は中学生以上600円、小学生以下は無料。営業時間は午前8時半から午後5時まで。
 問い合わせは同園(℡ 0248-76-5857 )まで。