火曜コラム(紙面掲載 2021年7月13日)


  • 画像

ヨガ+ライフアッププロデュース 西間木 恵理

7つの習慣~ 一日の水分摂取量 ~

 梅雨の時期ですが皆さまいかがお過ごしでしょうか?毎年の事ですが、この時期は湿度が高く、晴れの日も少ないので、なんとなく体も心もスッキリしない感じがしますね・・。
 カラッとしない天気が続いている時ほど、上手にエアコンなどの空調機器を活用し、爽やかな音楽などを聴きながらリフレッシュしたいものですね♪
 さて、今回も〈7つの習慣〉と題して、1日の水分摂取量について、私が実践していることについて書いてみたいと思います。
 早速ですが、皆さまは「毎日平均何リットルの水分を摂取していますか?」
 「結構こまめに水分は摂取している!」「大体1㍑くらいかな?」という方は意外に多いかもしれませんが、じゃあ、実際にどのぐらいの「量」を摂っているか、計量し数字で把握している人はごくわずかだと思います。
 そもそも、普段使っているコップの容量を正確に知らない方がほとんどだからです。
 (150㏄・200㏄・300㏄?入る?)一度計量カップなどで測っておくと、摂取量の計算はし易くなります。
 ちなみに私の場合、普段使っている耐熱ガラスのコップを上から
 1㌢下まで入れると300㏄入ります。「朝起きて1杯、各食事前に1杯ずつ(300㏄×4杯/日=1・2㍑)」を決めて摂取し、さらに「運動前後や隙間時間に2~3杯」の摂取を意識して摂ると、一日平均約2㍑となります。(※身長・体重、病気の有無で必要摂取量は異なります。)
 実際にこまめに水分を摂っているという数十名の方に、一日の水分摂取量をしっかり測りながら1・5㍑を飲むように指示した結果、「意外に飲んでいなかった!」という検証結果がほとんどでした。
 また、お茶やコーヒーなどカフェイン入りの飲料を多く摂取している人、アルコールが好きな方の多くは、純粋な水や、カフェイン・アルコールの入っていない飲み物の摂取習慣が少ないということも分かってきました。
 いかがでしょうか?
 その後、実践を続けた結果、トイレに行く回数は増えたものの「快便になった」「浮腫みが減った」「体重が減った」などうれしい効果を体感して頂ける結果となりました!
 もちろん被験者の皆さまには運動も併用していただきました。体を動かすことは循環を良くする上でも必須だからです!
 さあ!暑い夏に向けて、しっかりとした水分補給習慣を身に付けて、熱中症対策だけでなく、健康そして美しくなる暮らしを手に入れてみませんか?
 The fresh water will make you healthy and beauty!